西川遥輝まとめ!経歴・珍プレー・日本シリーズ史上2人目サヨナラ満塁弾!

スポンサーリンク


2016年の日本シリーズでの対広島カープ戦にて放ったサヨナラ満塁弾でチーム確実に勢いをつけ、見事に北海道日本ハムファイターズを優勝に導いた西川遥輝選手は、幼き頃からその鬼才ぶりを魅せていた。

  • プロフィール
  • 野球選手としての経歴
  • 日本シリーズで沸かせた史上2人目サヨナラ満塁弾
  • 珍プレー集

を見ていきましょう!

西川遥輝選手プロフィール

出典;column.sp.baseball.findfriends.jp

  • 生年月日:1992年4月16日(25歳)
  • 出身地:和歌山県紀の川市
  • 身長:179cm
  • 体重:76kg
  • 利き手:右投げ左打ち
  • ドラフト:2位
  • 年棒:6200万円
  • 経歴:智辯学園和歌山高等学校→日本ハムファイターズ(2011~)

出典:http://www.ad-vank.com

その甘いマスクから、日本ハムファイターズの女性人気はNo.1

西川遥輝選手は50mを5.8秒で走り抜ける俊足が持ち味で、『ピッチャーとキャッチャー以外はどこでも守備が可能』というオールラウンドプレイヤー。チームにとって、とても貴重な存在となっている。

プロ入り後の1.2年、1軍では主に代打や指名打者での起用、しかし結果が残せず2軍で調整を繰り返した。プロの速球に全くついて行けず、しばらくレギュラーの座を取れずにいた。

2013年の開幕からレギュラー定着。怪我での離脱もあったが、怪我後も1塁手などで無事にレギュラーとして活躍した。

打者として打てない時期が長くあったにも関わらず、栗山監督は『西川の才能を信じている』という言葉を残し、西川選手の打順を9番にしてでも我慢強く起用し続けてた結果、2014年には、43盗塁というセ・パ両軍トップという記録をマーク。球団史上二人目最多盗塁を記録。

そんな西川遥輝選手は、過去にどんな道を歩んできたのか、ざっくりと見ていきましょう。

西川遥輝選手の経歴は?

西川遥輝選手は小学一年生から野球を開始。

打田タイガース時代(中学生)

中学生の頃に所属したチーム『打田タイガース』では、2年次で全国大会制覇

出典:http://kumami313.blog130.fc2.com/blog-date-20150114.html

中学時代の西川春樹選手。この頃から既にイケメンですね!

そして高校の進学先は甲子園の常連校、名門・智辯学園和歌山高等学校へ進学。

智弁和歌山時代(高校生)

なんと1年次からレギュラーとしてショートに抜擢。1年生ながらも春季大会ではホームランを4本打ち、鬼才な一面を魅せつけた。

出典:http://www.jiji.com/jc/d4?p=dra001-08357490&d=d4_news

智辯和歌山時代の西川遥輝選手。打った後のポーズで想起するのは2016年、対広島戦の日本シリーズ。

ホーム・札幌ドームでの最終戦となった第5戦、プロ野球史上2人目の快挙となった9回裏・サヨナラ満塁ホームラン”をライトスタンドに放り込んだ瞬間のガッツポーズ!

出典:http://www.sanspo.com

高校2年生の6月、明徳義塾戦で左手首を骨折

西川選手は手首を骨折した時点で2年目の夏は諦めていたそうだが、智弁和歌山の監督は「どっちの手?左?じゃあ右手でいけるやろと言ったそうで、西川選手はその言葉を真に受けて、怪我をしながらも“夏の甲子園も出場する”という鉄人っぷりのエピソードを披露。

右手だけのバッティングだったが、タイムリーヒットを放つ十分の活躍を魅せつけていた。しかし、この頃の大会は三回戦で敗退。

3年生になって手首も本調子になり本格復帰を果たすも、2回戦目の興南高校に敗退。智弁和歌山全体としてはいい成績を残せなかった。


2010年のドラフト会議では、北海道日本ハムファイターズ・2位指名を獲得。(契約金6000万・年棒600万)。

ハンカチ王子・斎藤佑樹投手に次いでの指名だった。

西川遥輝選手の2016年 対広島戦の日本シリーズ第5戦で北海道を沸かせたサヨナラ満塁弾!

2016年に行われた対広島戦日本シリーズ

西川選手は、第5戦の最終打席まで18打数0安打という絶不調に陥っていた。

最終打席の9回裏、2アウト満塁の大幕で魅せたサヨナラ満塁ホームラン!

改めて、動画でご覧ください!

2016年、間違いなく1番感動した瞬間だった。実況も「ホームランはないだろ〜。」とため息!(笑)

本拠地の北海道・札幌駅でもこの盛り上がり!


西川選手はこの最終打席まで絶不調だっただけに、多くのファンは『栗山監督はなんで西川を変えないんだ』と、誰もが監督の目を疑った。

そのファンの期待とは裏腹に、西川選手を最後まで信用して起用し続け、西川選手に偉大な結果を残させた栗山監督の采配の度胸は本当に凄まじかった。

過去にも西川選手は打者として打てない時期が続いていた時期があったが、その時と同じで、この日本シリーズという舞台でもその信念を曲げずに彼を起用し続けた栗山監督は、名将中の名将と言えるのではないでしょうか。昔から西川選手への信頼は相当厚いものだというのが、凄く伝わったサヨナラホームランでした。

そして、そのまま勢いを第6戦から行われた敵地・マツダスタジアムに持ち込んだ。ファイターズの攻撃で始まって、1番・西川選手の初球、まさかの3ベースヒット!

第5戦・サヨナラ打までの絶不調から絶好調へと切り替わった西川遥輝選手の勢いはまだまだ収まらず、第二打席目でもう一発3ベースヒットを重ねた。次の打者も安打を続々と出してチームに勢いが増す中、遂に8回裏、お寿司大好きレアードの”満塁弾”で勝利が確信へと変わり、栗山監督も落ち着いた表情で見事に最後までやりきった。

西川選手の日本シリーズでの活躍から、来年のファイターズを最も熱くしてくれる存在に違いないでしょう!

西川遥輝選手、最大の珍プレー!

ゆまる
1アウトだと勘違いしていた西川選手は、獲ったフライボールをファンサービスのためにスタンドへ投げてしまうという大失態!1塁にいた選手は3塁へと出塁でピンチ状態を招き、思わず頭を抱えたメンドーサ投手だが、しっかりと抑えてチェンジ!

ゆまる
レフト線へのフライを落球し、慌てて拾おうとするがうまく掴めず、手で弾くような形でボールがスタンドに入り!1塁に居た中村剛也選手を三塁まで進めてしまう失態!しかし、普段は好守備でチームを助けてくれる存在なので、信頼に一切の揺らぎはないでしょう!

スポンサーリンク