滝沢カレンまとめ!日本語が変な理由は生い立ちにあった!性格は家庭的?

スポンサーリンク


ハーフタレントとして現在テレビ業界で引っ張りだこのモデルである『滝沢カレン』さんについての凄すぎる情報、面白すぎる動画などをまとめました!

滝沢カレンの小学生時代はまさに異端児だった

滝沢カレンさんはウクライナと日本のハーフで、その顔立ちは小学生時代からとても綺麗だった。

小学5年生の時点では、周りの同級生たちと比べて既に顔立ちも大人っぽく、身長は驚くことに『168cm』まで伸びていました。日本人の成人男性の平均身長『167.3cm』越え!

同級生の男子からも恐れられていた程の存在感を放っていたせいか、あだ名は『ダース・ベイダー』だったそうです(笑)

この頃の滝沢カレンさんにとっては、この大きな身長とウクライナ人とのハーフであることが『コンプレックス』になっていた。

男子たちからあだ名で煽られるだけではなく、電車に乗る際に子ども切符で改札を通るとき、駅員さんに「ちょっと!小学生じゃないでしょ!なんでランドセル背負ってるんだ!」と注意を受けるような珍事が多々あったようです。

また、茶色い髪型や顔立ちが他の皆とは違うことでイジメにあった経験もあり、家に帰ってランドセルを放り投げて泣き喚いたこともあったのだとか。「日本人がいいな。羨ましいな」と思ったこともあったと、当時の心境を振り返っていた。

ハーフで顔立ちが美しいというのは大人にとっては羨ましい悩みではありますが、小学生時代との感覚は別物なので、滝沢カレンさんはかなりの苦痛を受けてきたのかもしれませんね…。

芸能界との出会い!滝沢カレンの中学生時代

滝沢カレンさんが通っていた中学校は『東京都世田谷区立梅丘中学校』でした。

小学生の頃から兼ね備えてたその美貌から、14歳の頃に渋谷で芸能事務所からスカウトを受けるも、実はデビューに至るまでに様々な問題が生じていた。

滝沢カレンさんの家族は『芸能界は脱ぐ場所』というイメージを抱いていたらしく、そのようなイメージを植えつけられて育ったカレンさんももちろん『芸能界に入ったらまず脱がされる…』と考えていた。そのせいか、カレンさんは冒頭からスカウトに対して「私は脱ぎません!!!」と叫んでしまったそうです(笑)

幼い頃からお洋服が好きで、その楽しさを伝えるためにモデルという職業を志していたが、両親からは芸能界に入ることを猛反対されていた。しかし、そこでカレンさんの夢のただ一人応援してくれたのが、意外にも中学生時代の担任『染谷先生』だった。芸能界で仕事したいと夢を見ていた滝沢カレンに賛成し、背中を押してくれた唯一の存在だった。

この先生の存在があったおかげで、様々な軋轢を乗り越え、無事に芸能界デビューを果たすことができたそうです。カレンさんにとっては『人生を変えてくれた恩師』となる存在のようだ。

滝沢カレンの高校生時代

滝沢カレンさんが通っていた高校は『日出高校(偏差値:43)』という、芸能人が通う学校として有名の高校に入学。

身長は11歳の時と比べ2cm伸びて170cmに。この時点で現在まで身長の成長は止まっています。

高校一年生の16歳の時に『ミスセブンティーン2008』グランプリ受賞。ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルとなり、高校卒業となる2011年3月まで活動しておりました。卒業後の同年4月からはファッション雑誌『JJ』の専属となり、モデル業界の第一線として現在も活動中です!

芸能活動に専念するため、大学への進学はしておりません。

滝沢カレンの家族

滝沢カレンさんはウクライナ人の父と日本人の母の間に生まれた顔立ちの綺麗なハーフであるが、カレンさんが母親のお腹の中にいる頃に両親は離婚。カレンさんは父親を知らずに育った

母親である宮澤さゆりさんは、ロシア語の通訳『Ballet Studio RYABINA バレエスタジオ リビーナ』というバレエ教室のオーナーをしている

バレエ教室のオーナーと聞いたので、昔はバレリーナとして活躍されていたのか?
と思いきや、ダンサーとして極めるのではなく、バレエを学ぶうちにロシア式のバレエ指導方法やバレエダンサーのロシア語通訳の道でキャリアを積まれています。出典:http://happy2greenlife.com/archives/1957

バレエレッスンを受ける中でもっとバレエを深く理解したいと考え、ロシア語を子供ながらに独学で勉強し始めたそうですが、途中で限界を感じ親御さんに相談したところ、
「今バレエやってるみたいだけど、バレエをやめればロシア語を習わせてあげる」
と言われたのでロシア語を勉強する道を選んだそうです。

その後も、ロシア語とバレエに魅了されていた宮沢さんは、高校卒業後に留学費用を自分でためてソビエトへ留学。

日本へ帰国後は、ロシアのバレエの先生のレッスン通訳として働き、その際に見聞きしたことを活かして“ロシアバレエレッスン”という本を制作されています。出典:http://happy2greenlife.com/archives/1957

幼き頃からバレエに勤しんでいた母親の影響からか、滝沢カレンさんも4歳から14歳までの10年間、バレエ教室に通っていましたさんま御殿に親子で出演されていた際には、バレエが精通されてるからか、親子共々姿勢がとてもよく印象的でした!


スポンサーリンク

滝沢カレンの変な日本語は『わざと』ではなかった?

滝沢カレンの醍醐味と言っても過言ではない『独特な日本語の使い回し』は、ネット上で「何かの障害?」「わざとじゃないの?」と言われていますが、実際はどうなのかを調査しました!

日本語がヤバすぎる!滝沢カレンのインスタグラム

まずはそのヤバすぎる日本語をご覧ください!

みなさん、こんばんは☺️ こちらは朝ですが、わざわざみなさんの時間に合わせて更新しています…❤️✋✨ カレンのタンス海外版で撮りましたよ 海外ということで色んなびっくりや、やりにくさでまさかの、途中で終わりましたがこれも海外の現実を受け入れるということですね❤️✈️ はるか空を超えて、ここまでひっくり回っても世界は似ていて、ある程度はびっくりしませんでした そんなことより、切れてしまいましたが、まさかピザの絵柄をつけたTシャツはどこに誰がいても目立てますし、待ち合わせの目当てにもできる万能です❤️(もし欲しいなら) 紫大好きな私は早速これを選びました 秋になるって言うのに、タンスの中のお気に入りの一品です☺️ そしてパンツは相変わらずなただの黒ですが、こーゆう当たり前が私の使いやすい服ではダントツで上に来てます…❤️ コンバースはこんちくしょう並みにボロボロで今にも入り口を閉められそうですが、味があると言って欲しいです…✋(そろそろ買い換える) というようにピザを紫のお皿にいれたように見せかける、人にしか見えない食欲を我慢できる私服でした さよなら✋❤️ @xpatriotx →Tシャツ @gvgv_official →パンツ #海外を広いとひたすら感じる自分がいたが #日本だって広いのを忘れるなと #地球規模で考える前に自分の規模を忘れるな #大っきい地球にちっさい自分くらいがちょうどいい #目を合わせるだけで笑みを浮かべる自分になりたい

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

みなさん、こんばんは 空が寝静まり、地上が天空に逆らうようにまるであの日の反抗期かのように町を照らし空も陽気に寝てられない、そんな金曜日の夜がやってきました… 「もう、今日もさすがに静かに寝ただろう」とお考えのみなさん、それは全く間違っています私はまだ起きています 素敵な撮影をして、まだまだ身体は寝たいが、脳がとやかく騒がしいのです❣️ みなさまには当分言えるようなもんじゃありませんが、時が来たら必ず言います☺️✨ きっとみなさまが喜ぶ声が今でも想像できます この居間には優しい方が集まってしまったので、いちいち記事をあげるごとに、なんやかんやと優しい言葉を置いては静かに去る、という人が多いのがバレバレです❤️ ありがとうございますね❤️✨ 素敵な撮影でしたので、まだご衣装すらみなさまに見てもらう事は許されません✋ ここまでのこだわりようは私にだって分かりませんが、先方の独特なこだわりですのでみなさんも「なんなんだ、なんでなんだ」とせがまず分かってあげてください 時が来たら分かるものを、隠したがる本能はみなさまを楽しませてあげよう感情が強いという表しですよね✨❤️ 素敵なやり方です❣️❣️ それでは、字を書く身にもなると眠たくなって来ました 脳もワガママな回路で持ち主は大変です それでは、さようなら、おやすみなさい. #時間とともに眠くなる脳内はまるで赤ちゃんのよう #大切なことが当たり前のように転がる世の中 #気づくか見失うかは全て自分次第 #そんなに自分に重荷を増やして大丈夫か #とたまに聞くのだ #ああ大丈夫だ思うがままに進んでくれ #と答えてくれるのだ #自信満々な自分とどこか弱音担当な自分とが交わる人間っておもしろい

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)がシェアした投稿 –

いつみても文章がヤバいですね(笑)滝沢カレンさんのインスタグラムではこのような長文を週に3〜4回程呟いており、その都度話題となる程の影響力を誇ります!

さて、この日本語の使い回しの『原因』について探っていきたいと思います!

滝沢カレンとは仲が良い親友の芸能人による証言

滝沢カレンさんとは芸能界で唯一の親友とも呼ばれている横澤夏子さんによると「連絡先を交換するときも、いきなり私の楽屋にトントンってきて、“あの横澤夏子さん、私…横澤夏子さんと連絡先交換するの決まってるんです”って言われて…(笑)」と、出会った当初からの“日本語のヤバさ”を証言。

更に、横澤夏子さんが滝沢カレンさんと二人で食事に行った際のエピソードを切り出し「(横澤)一応年上だし、ここの店を決めたのも私だったので、“ここは私がお支払いする”って言ったら、“(滝沢)いや、私が支払います!”って、“いやいや私が…”というやりとりを数回してたんですけど、“(横澤)もういい!私が支払います”ってなった時に、“(滝沢)今に見ててください…”って言われたんですよ。私仕返しされちゃうのかなって(笑)普段からずっと変な日本語です。」と、滝沢カレンさんの日本語の使い回しをネタに爆笑を誘った。

実は母のせい?変な日本語は滝沢カレンの『育った環境』から生まれていた!

母親の宮澤さゆりさんは滝沢カレンの変な日本語について「家庭内ではこれが普通なので、何が面白いのかわからない」と語り、その“原因”について聞いてみると通訳の仕事をしてたことも(要因のひとつとして)あるかもしれないですね」と続けて「(カレンさんが小さい頃は)いつも一人じゃ置いておけないので、一緒に通訳の現場に連れてって、なんとなく小さい頃から染み付いてたかもしれないですね、(ロシア人が話す)変な日本語がと、ロシア人が使う変な日本語が染み付いて、現在の滝沢カレンさんになったのではないかと語った。

また、滝沢カレンさんの遊び相手も外国人ばっかだったようで、変な日本語はやはり彼女の『育った環境』が原因だと見られます!

滝沢カレンの性格はとても家庭的?

日本語が変というだけで、何かと「ガサツなのでは」と見られがちですが、料理がとても上手で、“家庭的な性格”のようです!

ある日をきっかけにおばあちゃんとの暮らしを離れ、母親の宮澤さゆりさんと二人暮らしになったのが料理が得意になった原因だと語った。「ママが本当に料理ゼロな人なので、どうにかしないと食べれないと思って。初めて作ったのがミートソースパスタでした!」と。

滝沢カレンさんはインスタグラムで作った料理を紹介しておりました!

「素人レベルじゃない!」「美味しそうすぎる!」などと絶賛の声が多数。

とある番組の企画でスピードワゴンの井戸田さんと2伯3日の同居生活をした際には、その料理の腕前を披露し、絶賛されていた。

滝沢カレンのプロフィール

  • 愛称:カレン、キャレン
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 生年月日:1992年5月13日(25歳)
  • 血液型:AB型
  • 身長:170cm
  • 靴のサイズ:25cm
  • スリーサイズ:81(推定:C) – 58 – 85
  • 趣味:ベース/海外旅行/音楽鑑賞
  • 特技:クラシックバレエ
  • 仲の良い芸能人:横澤夏子
  • 職業:モデル(雑誌:JJ専属)/タレント/女優
  • 所属事務所:スターダストプロモーション
  • 活動期間:2008年〜
  • 滝沢カレン Official Instagram
  • 滝沢カレン Official Twitter

次ページ、ナレーションや食レポなど滝沢カレンの爆笑動画です!退屈な方は是非ご覧ください!

スポンサーリンク